家庭教師の選び方


親が教師か高度教育を受けているというなら、家庭で親が勉強を教えるという形で経費を削れれば言うことないのはもちろんです。 むしろ下手に塾を利用したり学生を派遣してもらったりするよりも安心ですし、確実に成績もあがるはずだと思えるのですが悲しいかな法律違反になってしまうのです。 日本の法律では親に義務教育へ子供を受けさせる義務を設定していますから、自分の方が断然上手に教えられるという自信があっても赦されません。 義務教育を日中受けて帰ってから親が宿題をみてあげるというなら問題ありません。


実は日本にないケースとしてホームスクーリングというのもあるのです。 別名オルタナティブ教育とも呼ばれる形態です。 学校へは一切通学せずに家庭で親から勉強を教えてもらうのです。 特にアメリカ合衆国は盛んなのですが、広大な土地で地元の学校へ通うのが大変という環境や、病弱で学校を休みがちというパターン、宗教上の問題、親の志望、 いじめにあうなど学校生活に問題があるといった具合に理由は様々です。


そもそも日本での家庭教師一人に支払う費用が高額なのですから、よほど家計に余裕がある家庭でないと手軽に利用しにくい点は否めませんが、 相性がよければ親よりも誰よりも心開いてコミュニケーションをとる事ができますし、一対一の濃厚な授業を体験できます。 引っ込み思案な子供が集団の中に入ると萎縮してしまい、思うように質問できないといった問題も解消されるはずです。 何よりも送り迎えの心配がないのはありがたい事です。実績があって教え方がうまいのはもちろんですし受験経験がある人の方が望ましいです。 目的をしっかり絞って適材を選ぶ事も重要です。


サブメニュー