家庭教師のいろいろ


家庭教師は字義通りに受け取るなら自宅で勉強を教えてくれる人という事になります。 公の資格はありませんから極めて私的な関係という事になります。 教師と名がついても専門教師ではなく現役大学生アルバイトである場合が多く、子供にしてみれば年齢が近い事もあって話しやすいし、学校で勉強するより楽しく時間が過ぎていくのを実感できるという事があるでしょう。 もちろん成績もあがっていってくれなければ困ります。


実は歴史が相当古くかつては正真正銘学習の師であるのと同時に人生の師であり、人格形成に多大な影響力を持つ存在だったはずですが、日本ではむしろ受験のための必須アイテムのような意味合いが強烈です。 学歴社会がピークだった時代に有名大学在学生はもてはやされていましたが、塾が台頭してきた現代に家庭教師は贅沢品扱われがちです。 塾も志望校合格が目的での利用が主流ですから、単に集合体か単独かの違いだけになってしまっている節も見られます。


そうした背景を受けて多種多様な形態が生まれてきていますし社会情勢も多様化していますから、そのニーズは今後高まっていくのではないでしょうか。 いわゆる標準的な形として個人事業主によるワンツーマン指導というのもまだ健在ですが、専門の派遣会社からの社会人もしくは学生アルバイトである場合もあります。 出版会社が自社教材と共にユーザー宅を訪れるパターンおよびネットを使ったバーチャルタイプ、同じくバーチャルですが教師とはテレビ電話で話すタイプそして混合タイプといった具合に、 選択肢が豊富なゆえにかえってどれを選んだら良いのか途方にくれる事も多いはずです。そこで内容や教師との相性にプラスアルファで予算も検討に入れてみるのが有効です。


サブメニュー